未分類

インプラント難民を憂う

残存歯が痛めつけられる

インプラントに関係したトラブルが相変わらず多くなっています。

最近はインプラント自体の問題というより、インプラント以外の歯に問題を起こしてしまっているケースが多いように感じます。

インプラントではあまりうまく噛めないので、残っている自分の歯で噛んでいるうちに、咬合性外傷や歯周病でそれらの残存歯がダメになってしまい「抜歯しましょう」と言われてしまうケースです。

歯科医は「抜いてインプラントにしましょう、入れ歯にしましょう」と簡単に言いますが、患者さんにすればまたあの大変な思いをしなければならないのか、とガックリして抜かずに何とかならないだろうかというわけです。

生態系を破壊するインプラント

アメリカザリガニやブラックバスが日本の生態系を破壊してしまったように、インプラントは顎口腔系という生態系を破壊してしまう恐ろしい存在です。

繁殖力の旺盛な外来種の駆除が困難を極めるのと同様に、一度、インプラントによって破壊された口の中を元通り回復することはほとんど不可能です。

つまり、インプラントの入った口の管理は私どもの診療室をはじめ一般の歯科医には手に負えないわけです。

専門家ならトラブルシューティングができるのかというと、それもどうも難しいようです。

そこが、インプラントと他の歯科治療との大きな違いなのです。

 

インプラントの埋入は慎重に

生涯にわたる口の健康を保つためには、インプラントを埋入するときは担当医と十分話し合って、納得したうえで手術を受けるようにお願いします。

インプラントの提案を受けたときは、慎重の上に慎重を期してください。

一本のインプラントが生態系を破壊しかねないのです。

インプラント難民にならないためにはインプラントを入れないことです。

 

-未分類

© 2020 こに私 Powered by AFFINGER5