未分類

小西歯科医院での初診をご希望の方へ

現在、小西歯科医院の予約が取りづらくなっております。

ご迷惑をかけて申し訳ありません。

診療をご希望の方は、できれば小西歯科医院のホームページ(小西歯科医院トップページ小西歯科医院の紹介基本的な考え方小西歯科医院の治療、など)を簡単に読んでから連絡くださるようお願いします。

読みにくい文章で申し訳ありませんが、ご自分の症状に関係しそうなところに、ざっと目を通していただければと思います。

ご自身にとって小西歯科医院の治療が有効なのかどうかを見極めてから、予約の連絡をいただくことをお勧めします。

小西歯科医院で行っていることと、ご自分が望んでいらっしゃる歯科治療とに食い違いがないか、事前に確認していただければ幸いです。

過剰な期待を抱いて来院されると、幻滅されてしまう可能性があります。

私たちは身の丈相応の歯科治療しかできないことをご承知おきください。

 

泥くさい歯科治療

小西歯科医院が標榜している歯科治療のひとつに『歯を抜かない歯科治療』というものがあります。

しかし、「歯を抜かない」といっても、他の歯科医院で「抜歯」と言われた歯が、小西歯科医院で治療したから元の歯のように十分に機能を発揮できるようになることはほとんどありません。

私たちはブラックジャック(ご存知ない方もいらっしゃると思いますが、手塚治の描いた漫画の名医です)のような治療はできませんし、それを目指しているわけでもありません。

「抜かない」ということと「機能回復する=補綴物を装着できる」ということはイコールではありません。

当該の歯を抜かず、その歯をいとおしみながら、生涯にわたって健康な歯と口を獲得するのが私たちの目的です。

弱り切った歯でもその歯をいとおしんで大事にすることで、口の健康を取り戻し、それを維持するためにはどうしたら良いかを、患者さんと歯科医が協力して考え、手当てしていくのが私たちの抜かない歯科治療です。

『ブラックジャックのメスのおかげで病気が治った』という格好の良い医療とは違って、ああだこうだと患者さんと話し合いながら診療を進める垢抜けない、泥くさい歯科治療なのです。

 

 

患者さんの治療参加が必要

生涯にわたって健康な歯と口を獲得するという目的のためには患者さんの協力が不可欠です

患者さん自らがご自身がどのような状態で、自分にとって何が問題なのか十分に自覚する必要があります。

私たちも懸命に頑張りますが、患者さんもご自分の健康のために我慢することは我慢し、なすべきことをなさねばならないことを理解していただくことが必要です。

 

歯科的介入には得るものと失うものがある

「入れ歯もインプラントも歯を削るのも嫌です。ほかに方法はありませんか?」と仰って来院されても「欠損歯列の補綴方法はそれしかありません」と答えるしかありません。

違和感もなく、見た目もよくて、昔のように何でも噛めて発音にも不自由しないなどという補綴方法は存在しませんし、あったとしても私たちにはできません。

歯科的介入には必ず得るものと失うものがあります。

欠損補綴ではその度合いが顕著になります。

インプラントがその最たるもので、インプラントの埋入により失うものは計り知れないと考えています。

 

補綴しないという選択肢

「補綴しない、欠損部に何も入れないという選択肢はあります」とお話しすることもあります。

欠損歯列を補綴することが歯科治療の目的ではありませんし、場合によっては補綴しない方が良い欠損もたくさんあるからです。

抜けたところにブリッジかインプラントか入れ歯を入れなくてはいけないという決まりがあるわけではありません。

 

歯科治療は「モノ」の売り買いではありません

「セラミックの白い歯いくらですか」という質問を受けることがあります。

隠す必要もないので、料金表に記されている値段をお伝えしていますが、そのような質問があると少し寂しくなります。

歯科治療が「モノ」の売り買いになってしまっていると感じるからです。

「あなたの口の健康にとって本当にそのセラミックの白い歯が必要なのですか?口の健康を考えて、補綴物を考えているのでしょうか?」と、問いかけたくなってしまいます。

 

口の健康を考えた人工臓器

私たちは物売りではありません。

歯と口が生涯にわたって健康で過ごすための手段として、その方の口の状態にあったクラウンや入れ歯を入れています。

何の変哲もないようにみえる入れ歯でも、私どもでは最低8万円かかります。

ファイバーポストとコンポジットレジンを使ったクラウンでも、2万円ほどします。

入れ歯やクラウンを「モノ」としてみれば、「たか~~」とおっしゃるかもしれません。

しかし、その入れ歯やクラウンには、その患者さんの口の健康を保つうえで必要と考えられる要件が込められています。

私たちが装着する補綴物はたんなる「モノ」ではありません。

この世に一つしかない、その方の口の健康を考えに考え抜いた人工臓器であると自負しています。

 

小西歯科医院で治療をご希望の方は、小西歯科医院のホームページの中で、ご自身に関係しそうなところを拾い読みしてから、連絡くださると助かります。

もちろんメールでのお問い合わせも歓迎します。

ご自分が何に悩み、困っているのか連絡いただければ、私たちがお役に立てるのか、そうでは無いのか、お返事できると思います。

 

メモ

pi5a-kns@asahi-net.or.jp

お問い合わせ

 


歯周病の新常識
小西昭彦
阿部出版
歯科治療の新常識
小西昭彦
阿部出版

小西歯科医院のホームページ

-未分類

© 2020 こに私 Powered by AFFINGER5